未来は自分で自由に選択していい【双子座新月・日食】

 

2021年6月10日 20:53 日食を伴う双子座新月となります。

 

 

日食は、太陽-月-地球が一直線上に並び、地球から見て月が太陽の前を通り太陽の光が隠されて闇がもたらされる現象が起こります。

数分後、再び太陽が光を増していく様子は新しい命の輝きを見せてくれているようなドラマチックな天体ショーです。

日食でもたらされる闇は私たちの意識を心の闇に向かわせます。

そして、月に隠されていた太陽が再び光を増していく様子は、闇の中で光を見つけ、自分自身に目覚めていく変容のプロセスと結びつけられています。

  

5月26日の皆既月食の心の奥底の光と闇の統合に続いて

日食は意識の変容を経て新しい生き方へ、新しい時代へと歩みを進めるタイミングです。

  

知的好奇心と情報収集能力をもってさまざまな体験と学びを通して自分で考え、自分なりの価値観を養おうとする双子座で日食となりますが、

双子座には逆行中の水星も滞在し、また日食図のアセンダントルーラーの土星も逆行しています。

  

日食は新たなはじまりの意味合いがつよいのですが、今回はスムーズな前進のエネルギーではなく

抵抗や葛藤を乗り越えて進む、社会で良いとされている常識に従うことなく自分で考え、より自由で自分らしい道へと進むために必要な何かを選択して取り入れる

そんなエネルギーを感じます。

  

  

私たちのもとには、新しい情報やさまざまな価値観がやってきます。

自分ひとりの頭では思いつかないようなアイデアや価値観と出会って意識が目覚めることもあれば、曖昧で不確実な情報によって混乱したり、迷ってしまうこともありそうです。

  

意識の広がりと混乱の中で、自分で考えて、選択することの大切さ、そして選択に正解/不正解はなくて、何を選んでもいいという自由さを体験し

自分なりの考えや知恵、判断力、価値観を養える時なのだと思います。

  

 

日食は6ハウスで起こるので、働き方、スキルを身につけること、健康管理

そして双子座の象徴である知性を磨くこと、コミュニケーション、情報発信、人との繋がりに関わる体験を通して意識の変容、価値観の変化がありそうです。

 

 

なぜ今変容を促されているのか?

アセンダントルーラーである水瓶座土星は、個性の確立、『わたし』として自立することをテーマとして投げかけているように見えます。

  

風の時代において私たちはそれぞれに個性を確立し、唯一無二の存在『わたし』を生きることが大切です。

自分の個性を認めることができるから他者の個性を認めることができ(多様性を受け入れることができる)共に認め合って、サポートし合いながら共生できます。

自分なりの考えや知恵、判断力、価値観を持つことは、自分の個性を確立することに繋がります。

間違っても、失敗してもいいから、自分で考えて自分で選択して行動することを日常のちいさなことから試してみましょう。

小さな行動の繰り返しが習慣となり、体験からの学びや知恵が積み重なる

それがいつしか自分を支えてくれる大切なものになっていくのだと思います。

  

  

素敵な新月・日食をお過ごしください^^