未来の可能性を感じる方へ意識を合わせる【やぎ座新月】

 

2021年1月13日14:00 やぎ座新月となります。

 

 

新月は8ハウスで起こり、冥王星と重なります。

  

今回の新月にはパワフルな影響力があります。

その影響力はわたしたちの心の奥底まで届き、潜在意識からの変容を起こします。

自分にとっての真実は、自分を抑圧しているものから自分自身を解放したときに見えてくることを示しています。

  

   

みずがめ座でコンジャンクション(0度)を形成している水星、木星、土星は、おうし座火星、天王星と葛藤と挑戦の配置を形成しています。

  

2020年4月、日本全国に緊急事態宣言が発令された時、火星、土星、天王星の葛藤の配置(90度)が形成されていました。

 

今回もまた、火星、土星、天王星、さらに水星、木星が加わって葛藤の配置を形成する中で、2度目の緊急事態宣言の対象区域が広がりつつあります。

  

前回と違うのは木星、土星がみずがめ座に位置していることです。

行動が制限されても、意識やマインドは枠の中に閉じ込めないでいたいと思います。自由に未来の可能性を感じる方へ意識を合わせていきましょう。

 

今まで隠されていたこと(ずっとないものにしていた望みや感情)
が明らかになったり、

新しい意識をもたらすもの、人生観が書き換えられていくような、気づきや情報を得ることもありそうです。

 

受けとった情報のどれを信じて受け入れたらいいのか、今までこれが真実だと信じていたことを手放すことへの葛藤が生まれやすいですが、

答えを自分の内側に求め、自分で考え、決める、そして新たな未来のビジョンを掲げることで新しい世界へと力強くふみ出す勇気も同時に湧いてくるでしょう。

  

  

今回の新月はみずがめ座水星が強調されています。

  

☆ 視野を広げて考える、これまでと違う視点からも観察してみる

☆常識を疑ってみる=それが本当なのか自分で考え、自分なりの答えを出す、自分なりの価値観を持つ

☆社会の問題を自分とは関係ないと思わないで、集合体のひとりとしての意識を持つ

☆精神的な成長を目指す

 

みずがめ座水星が2021年を生きるわたしたちに大切なメッセージを伝えてくれているように感じました。

 

 

素敵な新月をお過ごしください^^