運命の歯車を動かして風の時代へ【いて座新月・皆既日食】

 

2020年12月15日 1:17 いて座新月となります。

   

   

日本では観測することはできませんが、皆既日食を伴い、

土星と木星がみずがめ座へと共に移動して重なり合う

グレートコンジャンクション=風の時代の扉が開き、時代の移り変わりを告げる

宇宙の大きなイベント直前のとてもパワフルで特別な新月です。

  

   

日食は太陽-月-地球が一直線上に並び、地球から見て月が太陽の前を通り

太陽の光が隠されて闇がもたらされる現象が起こります。

数分後、再び太陽が光を増していく様子は新しい命の輝きを見せてくれているようなドラマチックな天体ショーです。

わたしたちが新しい自分に目覚めていく変容のプロセスと結びつけられています。

  

  

今回の日食はサウスノード(ドラゴンテイル)側で起こるため、

過去に縛られず、人生の可能性を阻むものを手放し(きっぱりけじめをつけて)

意識から変容することを促されています。

    

   

また、火星と冥王星のスクエア、さそり座29度(涙の度数)の金星

大きな抵抗や葛藤が生まれやすい配置もあります。

  

  

自由を求める気持ちと現状に留まる方が安全だと思う気持ち・・

変わっていきたい気持ちと慣れ親しんだこと(過去)を手放すことをさみしいと思う気持ち・・

  

  

そんな葛藤が浮上したなら、しっかりと向き合いましょう。

決して自分に嘘のない、本当の望みをつかんだなら

運命の歯車を自分で動かすパワーが湧いてくる新月です。

  

  

    

いて座日食は3ハウスです。運命の歯車が回りだすと、

   

新しいご縁がつながる=新しい価値観と出会う

知的好奇心を刺激されるものと出会い、新しい学びが始まる

視野が広がり、意識が広がる、人生観が書き換わる

自分なりの人生観を持って自分の言葉で表現していく

情報発信する(新しいコミュニケーションツールを試してみる)

=オンラインでも新しいご縁がつながる

ご縁によってチャンスがもたらされたり

刺激をもらったり、与えたり

勇気をもらったり、与えたり

夢をサポートし合って喜びを分かちあったり

 

対人関係、コミュニケーションが活発になり、人生のステージが変わり

人生の可能性がどんどん拡がっていくのではないかと思うのです。

  

  

   

パワフルで特別な新月に    

自分の内側と丁寧に向き合い、自分の本当の望みと繋がる時間がおすすめです(望みのビジョンを描いて宇宙に放つ瞑想やノートワークなど)

  

  

  

素敵な新月をお過ごしください^^

  

  

  

  

  

  

田中みずえさん主宰 ライフレボリューションプログラム
ともに心理占星学を学んだ仲間とのHPです。
メンバーの個性あふれる星読みをお楽しみください。