愛の力と言葉の力【かに座新月】

 

2020年7月21日 2:33 かに座新月となります。

 

2020年かに座で迎える新月は2度目。1度目は6月21日、かに座0度での新月でした。

2度目の新月はかに座28度。そろそろ次の星座に移動しようとして、かに座なりの哲学、価値観をまとめようとする働きが生まれます。

新しい世界とこれまでの世界の価値観を比較し、葛藤した末に、自分にとって必要なものを選択していく、固定された古い価値観から抜け出し、自由になっていこうとする段階です。

かに座新月の真向かいに位置するやぎ座土星も同じ度数に在り、やぎ座冥王星・木星と共に新しい風の時代へと移行するための準備も最終段階、新しい時代に必要な価値観と今手放すべき価値観について真剣に向き合わされる課題をたくさん与えられているように感じます。

  

   

  

7月18日午後、私は尊敬する鏡リュウジさんのオンライン講座を受講していました。途中休憩の時間に三浦春馬さんの速報が目に飛び込んできました。芸能人の訃報でこんなに泣いたのは初めてです。その後は涙でパソコンの画面に映るリュウジさんが見えないし、声も聴こえなくなりました・・

 

 

 

今あらためて新月図を眺めてみると、

新月図のかに座水星とおひつじ座火星、おひつじ座カイロンの葛藤の配置が、社会で問題視されているSNS誹謗中傷、言葉の力について考える課題のように思えるのです。

  

 

かに座水星は自ら相手の心に寄り添って、相手の気持ちを理解しようと言葉をかけて働きかける姿勢を表しています。かに座は愛を表現する星座です。

自分の内側に愛の泉を築き、愛で満たされた自分で相手を優しく包み込んで癒したり、相手の幸せを願い、相手の幸せのために小さなことから行動したり、愛されることを待つのではなく、自分から愛していきます。

 

しかし自分の心が愛で満たされていない、愛されていないさみしさを感じる・・癒されていない心の傷がある・・傷つくのが怖いから愛を表現できない・・

そんな時、もうこれ以上傷つきたくないという防衛本能から自分の殻に閉じこもりたくなり、

閉じこもって動けない自分とありのままの自分を表現して全力で何かにチャレンジしている誰かを比べ、相手がまぶしく見える・・うらやましい・・自分と違う相手に嫉妬してしまうかもしれません。

さらに防衛本能が強くなると、持っているカニのはさみで相手を切りつける・・ときに愛が妬みや相手を傷つける攻撃に変わってしまう・・

  

 

言葉には力がある、想像以上に大きな力が。たったひとことで怒りが静まり、癒され、安心できる力。再び立ち上がり、前を向いて生きる力をもらえることだってあるし、人生観が変わり、自分の世界が大きく変わることだってある!

一方で心が満たされないさみしさ、嫉妬、妬みから発せられた愛のない言葉は、激しく相手を傷つける剣となる。

 

 

 

 

新月図のアセンダントのすぐそばに位置している双子座ドラゴンヘッド(集合無意識の方向性)も、新しい風の時代は、言葉、コミュニケーション、情報の扱い方、人との繋がり方がこれまで以上に大切なテーマになることを示しています。

  

古い価値観から抜け出して、自由になろうとする時、新たな自分なりの価値観を築くために、あふれる情報の中から何を選択していくのか?どんな言葉で自分を表現するのか?どんなコミュニケーションを通して人との繋がりをつくっていくのか?

  

2020年かに座で2度新月が起き、女性性の開花、自分の中の愛をあふれさせ、愛の力に目覚めることを強調しているのは、風の時代に愛からの言葉、愛のあるコミュニケーション、愛に基づく人間関係、互いの幸せを願う繋がり・コミュニティをつくっていくことが、今地球に生きる私たちが共に取り組んでいく大切なテーマになることを教えてくれているのだと感じます。

  

  

 

  

新月はやぎ座で社会の構造を根本からつくり変えている3天体と葛藤の配置を描いています。緊張の多い日々を過ごされている方も多いかもしれません。

新月の葛藤を調停しているのは、うお座海王星。もっとほっとしていいよ、もっと自分の人生を愛していこうよとメッセージを送ってくれているようです。

ぜひ少しでも、自分を愛する時間、自分にとって心からの喜びがある時間をプレゼントしてあげてください。

  

素敵な新月をお過ごしください^^

 

  

  

  

 

田中みずえさん主宰 ライフレボリューションプログラム
ともに心理占星学を学んだ仲間とのHPです。
メンバーの個性あふれる星読みをお楽しみください。