闇をくぐりぬけて新しい世界へアクセスする【夏至&かに座新月・部分日食】

 

2020年6月21日 15:41 部分日食を伴うかに座新月となります。

  

  

16時から18時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。

南西日本ほど大きく欠け、沖縄では深い部分食となります。 インド北部や台湾などでは金環日食が見られます。

  

 

日本の広い範囲で見られる日食は、2030年まで起こりません。

そして今回のかに座日食は、2020年の夏至を迎える日と重なります。

   

    

夏至を迎えた9時間後に日食が起こります。 次に夏至と日食が重なるのは、2802年なのだそうです!(なんと!貴重ですね )

   

夏至は一年で一番昼が長くなる日です。東洋思想でいう陰陽の「陽」が極まる時で、大きな流れの転換点となります。

  

  

日食は太陽 ― 月 ― 地球が一直線に並び、地球から見て月が太陽の前を通り、太陽の光が隠されて闇がもたらされる現象が起こります。

数分後、再び太陽が光を増していく様子は新しい輝きの誕生を見せてくれているようなドラマチックな天体ショーです。

  

日食でもたらされる闇は、私たちの意識を心の奥底の闇に向かわせます。

闇に隠れていた深い感情や本音、集合無意識からのメッセージ= 闇の中だからこそ見つけることのできる光 に気づくことを促します。

  

日食で月に隠されていた太陽が再び光を増していく様子が、自分に目覚めていく変容のプロセスと結びつけられているように

 
闇の中で光を見つけ、心の奥底(潜在意識)からの変容を体験し、新しい光の道へ踏み出していく時となるでしょう。

  

日食が起こるのはかに座0度。

『新たなスタート、大きな切り替わり、新しい世界にアクセスする』という意味の度数です。

 

 

かに座は安心感をもたらしてくれる身近な大切な人(パートナー、家族、仲間)との心のふれあい、心の繋がりを何よりも大切にします。

愛情豊かで、泉のように湧きおこる母性のような大きな愛で相手を包み込みます。

愛する人がいること、愛を注げることがあることが、自分の精神的な土台を築き、絶対的な安心感となり、愛に満ちた人生を創造することを目指す星座です。

 

 

私たちが心の奥底の闇で見つけることができる光は、

 

大切な人と心で繋がる、愛する人、愛することが在ることの喜び

自分の心のルーツ、自分の精神的な土台の認識

大切な人を愛すること同様に自分を愛することの大切さ

安心感と愛で満たされた自分で、古い自分の殻を脱ぎ捨て、自分の命をどう使い、どう生きるのか?(命を使って生きる=使命)

何に自分の愛を注ぎたいのか?(自分にとっての真の目的)

過去チャレンジできなかったことに向かう、変化することへの怖さを超えていく勇気

自分の中にある怒りや悲しみの闇を光に変えて、今を生きる力

 

 

 

新月と共にかに座に位置する水星は、夏至&日食直前に逆行をはじめました。

あふれる情報、思考の中から自分にとっての真実をつかむために

忙しい頭の中を断捨離するように紙に書き出したり、思考を止めて瞑想したり、過去を振り返ったり、自分の心の中にあるものを丁寧に感じる時間を過ごしてみてくださいね。

 

  

自分への愛、大切な人への愛、自分が生きる世界への愛をいっそう深め、

愛に満ちたあなたで新しい世界にアクセスしはじめる新月となりますように。

  

   

   

   

   

  

   

   

田中みずえさん主宰 ライフレボリューションプログラム
ともに心理占星学を学んだ仲間とのHPです。
メンバーの個性あふれる星読みをお楽しみください。