本来の自分に戻るとき【おうし座新月】

                       

2020年4月23日 11:26 おうし座新月となります。

おうし座新月はチャートのもっとも高い場所、もっとも輝いて見える場所(10ハウス)に位置し

傍らには変化・覚醒の星♅天王星が寄り添っています。

                   

                             

おうし座は自分にとって心地よいもの、価値のあるものを所有する

五感を満たし安心できる環境を作り上げ、維持することで

豊かさ、生きる喜びを味わいたいと願う星座です。

                    

10ハウスは自分が人生で到達したいと思う理想・目標を表す場所、

自分の本質と調和し、もっとも自分らしく輝く社会的役割を表す場所です。

                

                   

わたしたちの中にあるおうし座的な意識・価値観

(所有意識、安心・安全意識、何に価値・豊かさを見出すのか)

自分が思い描く理想・目標に変化・覚醒が起こる新月です。

               

                  

自分にとって価値のあるもの、豊かさってなんだろう?

喜びをもって、自分らしく輝ける社会的役割はなんだろう?

これからどんな社会、どんな世界を見たい?

理想の社会、世界のために自分にできることはなんだろう?

                

                     

おうし座新月から次のさそり座満月(2020年5月7日 自粛期間の翌日になります)の期間

全国で不要不急の外出の自粛を呼びかけられている今、

自分自身への問いかけ、理想・目標の見直しが

                

自分の中の新しい価値=気づいていなかった自分の才能を発見したり

生まれ持った資質を磨き、進化させて人生に活かすアイデア・インスピレーションを得たり

自分の本当の望みや自分らしく輝ける使命と思える社会的役割を見い出したり

新しい可能性を信じて、今この時だからできるチャレンジへと繋がっていきます。

                   

                    

ひとりひとりの意識の変化、新しい可能性へのチャレンジひとつひとつが

みんなが喜ぶ理想の社会を、世界を創造する大きなパワーになっていく

そんなメッセージを感じます。

                 

              

             

一方で、おうし座新月は6ハウス♇冥王星・♃木星・♄土星と葛藤の配置を描き

社会、目に見える現実世界の変容、予想もつかない変化に影響を受けて心が揺れる、不安を抱える状況は続いています。

                  

6ハウスは自己調整、仕事、健康の部屋です。

とくに仕事=収入源を失うこと、働き方が変わること、生活が一変してしまうことへの不安

新型コロナウイルスにどう対応して、自分自身そして家族・大切な人の心と身体の健康を守るにはどうしたらいいのだろうという不安を感じやすいと思います。

                      

                         

思いどおりにならないもの、目に見えないものの部屋8ハウスにある♆海王星は

コロナウイルスの感染拡大は思いどおりにならない・・

個人の力では抗えない、収束には時間がかかりそうなことを示しています。

                       

♆海王星は葛藤の配置ではありますが、11ハウス金星と手を結んでいます。

11ハウスは個人では成し得ないことをグループで実現していく、みんなの未来の希望を描く場所です。

                       

今、インターネットをつかって仲間と、世界と繋がる=仲間意識や集合意識で繋がるコミュニケーションを通して

どんな状況であってもともに未来への希望を描き、互いに協力しながらともに未来を切り開いていくことの大切さ

カオスの中から美しく、新しい世界の秩序が生まれていくことを金星が教えてくています。

               

                    

                

世界が心をひとつにして、目に見える現実世界の変容や目に見えないウイルス感染拡大への不安と戦っているこの状況も

すべてのことが当たり前ではないことを教えてくれている一面があると感じます。

                 

今ある日常の中にちいさな喜び、幸せ、心地良さを見つけて感謝したり

『生きてるだけで丸儲け』なんだなと思えるのも自宅でひとり過ごす時間があるからです。

                 

『生きてるだけで丸儲け』明石家さんまさんの座右の銘です。

『本来無一物(ほんらいむいちもつ)』という禅のこころに由来しているそうです。

    

何も持たずに裸で生まれてきた
それが人間本来の姿である
 
人は生きている間にさまざまなものを身に纏います
纏ったものは自分が生きてきた証なので手放したくない

しかし、それは執着でもあるのです
 
何かを手放しても、失っても
あるいは、失意の底に落とされても
それは本来の姿に戻っただけなのです

                            

                  

           

おうし座新月図、そして禅のこころから感じるのは

今、何かを手放す、失う体験を通して

本来の自分に戻る時、

すべてを失ったように思えても

本当に大切なものは失われないことを知る時なのだということ。

          

               

失うことへの恐れがなくなり、自分を縛ってきた制限から解放され

本来の自分を思い出した時

あなたはどんな新しい可能性へのチャレンジをしますか?

                    

                 

                     

素敵な新月をお過ごしください^^

               

           

               

                 

田中みずえさん主宰 ライフレボリューションプログラム
ともに心理占星学を学んだ仲間とのHPです。
メンバーの個性あふれる星読みをお楽しみください。